防疫政策
農林水産省の防疫政策に従い、飼育場には囲い網でえさの争いと感染を防ぎます。屠殺十日前に糞と血清サンプルの検疫を中興大学獣医学科に依頼し、もしH5やH7の鳥インフルエンザウイルスが検出されたら、すぐ防疫所に通報するように。


抗菌性薬品の管理
飼育者とえさ工場に安全性を厳しく要求し、抗生物質の摂取履歴も調査します。
まず、えさの給与に抗菌性物質が添加された飼料と無添加の飼料を明確に区分し、両者が混合しないように保管するのを要求し、感染経路が予防されます。また、生後40日以上のかもに徹底的に薬品の投与を中止し、出荷25日前に、慎重に抗菌性物質の残留検査を受けることにします。残留した場合は出荷延長になります。
生体から枝肉まで、さらに包装、冷凍されるのに至るプロセスは、すべて人道的、衛生的で、新鮮さかつ安心さが保証できます。ご安心してお召し上がりください。
会社概要鴨飼育場&加工工場鴨肉の栄養成分についての比較図表
花蓮の豊かな自然に恵まれる生産プロセス鴨製品紹介お問合せマインページへ


公司地址:宜蘭縣蘇澳鎮新榮路57號
服務電話:03-9902626-8
電子郵件:ger.chean@msa.hinet.net
花蓮廠:花蓮縣玉里鎮三民里三民6之5號
服務電話:03-8842385-9
傳真電話:03-8842207
本網站最佳瀏覽解析度為1024*768
網站維護製作 創意條碼網頁多媒體