格全会社は水産業から対日の鴨肉輸出に転じて、もう20年余りになりました。政府の畜産環境保全法に基づく安全屠畜の政策へ対応するため、2005年に花蓮県農業局と畜産課の提携で、玉里鎮の三民養殖場に食品衛生基準を満たす屠畜場を設けました。
.....................................................................................................................................................................................................
先端設備の導入-冷凍室は完全にコンピューターコントロールのシステムで、厳しい安全管理のプログラムの中、低温維持で食品衛生が確保できます。解体する前に屠体は首が吊り下げられ、血抜きすることによって、ばい菌の増殖が抑えられます。また、鴨を解体してから、重さによってコンピューター自動的に格付けられ、包装されます。現場作業では、コンピューター監督統制が行われ、鴨屠体と枝肉の衛生かつ安全性が確保できるように努力しております。
.....................................................................................................................................................................................................
慎重的な現場管理措置-食肉処理場は汚染場、準清潔場、清潔場に分けられ、活体から屠体になるのや、冷凍包装のプロセスや従業員の出入り管理まで、鴨肉の新鮮さが貫かれております。
.....................................................................................................................................................................................................
1985年
格全会社は水産業から対日の鴨肉輸出に転じて﹑もう20年余りになりました。政府の畜産環境保全法に基づく安全屠畜の政策へ対応するため﹑2005年に花蓮県農業局と畜産課の提携で﹑玉里鎮の三民養殖場に食品衛生基準を満たす屠畜場を設けました。

2006年一月
韓国政府の認可を取得し﹑2月に順調に韓国へ輸出。

2006年三月
スイス国際認証ISO2200を取得し﹑台湾での食品安全システム認証登録の第一社になりました。

2006年八月
台湾動物科学研究所の生産履歴認証を取得し﹑台湾唯一鴨肉生産履歴管理システムを有する会社。

2008年一月
シンガポール政府による工場管理システム審査を受けてシンガポールへの輸出許可を取得しました。

.....................................................................................................................................................................................................

 
会社概要鴨飼育場&加工工場鴨肉の栄養成分についての比較図表
花蓮の豊かな自然に恵まれる生産プロセス鴨製品紹介お問合せマインページへ


住所:宜蘭県の蘇澳鎮新しい栄路57 号
電話番号:886-3--9902626-8
メール:ger.chean@msa.hinet.net
住所:花蓮県玉里鎮三民里三民6-5号
電話番号:886-3-8842388
ファックス:886-3-8842207
このウェブサイトの一番いいブラウズの解像度は 1024*768
ウェブサイトの維持は作製します創意條碼網頁多媒體