【かもとほかの食肉の栄養成分についての比較】
肉の種類/栄養成分(100グラムの中)
鉄質(mg)
ビタミンA(mg)
ビタミンB1(mg)
ビタミンB2(mg)
牛肉(脂肪を取り除いたもも肉)
2.7
0
0.09
0.22
豚肉(脂肪を取り除いたもも肉)
0.9
4
1.01
0.21
鶏肉(脂肪を取り除いたもも肉)
0.7
18
0.08
0.22
鴨肉(皮むき)
4.3
15
0.4
0.69

肉に含まれる鉄はヘム鉄タイプで、体に吸収されやすい。そしてかも肉の鉄質はほかの食肉のほぼ4倍である。また女性は毎月の生理の際に鉄を失われるので、かも肉は女性の貧血予防にもっともよい補給でもある。
ビタミンAは目、鼻、口粘膜の働きを正常に保って、感染に対して抵抗力をつけます。現代人のコンピュ-ター仕事による疲れや排気汚染による刺激などの解消に欠かせない栄養素で、かも肉に含まれるビタミンAはほかの食肉より、3~10倍多いである。
ビタミンBが不足したときは食欲不振、倦怠感、不眠などが見られ、さらに情緒不安定や気持ちが落ち込みやすい場合もあります。
ビタミンB補足するため、かも肉を多めに摂るようにしましょう。

ビタミンB2は、皮膚や爪、毛髪の組織の酸素利用を促進する効果があります。脂肪の代謝において補助的な酵素として働き、ダイエットにも相乗効果を生み出すのです。

データは科学技術資源調査会綱から 食材団(日本食品標準成分表)


【ほかの食肉との不飽和脂肪酸の比較】

鴨肉の脂肪には、不飽和脂肪酸が5.57%まで多く含まれ、鶏肉、牛肉や豚肉に比べて不飽和脂肪酸の割合が高い。善玉脂肪酸として、血中コレステロールを低下させる働きがあります。不飽和脂肪は心臓、脳、血管といった重要な器官や組織に欠かせない栄養成分で、また、老人のボケ防止や子供の智力成長に役立ちます。
そのほか、かも肉は濃厚な出し汁が出ることから脂っぽいと思われがちですが、実はかもの脂肪は、牛や豚のものとは性質が異なります。体温より低い14度(牛や豚、鶏肉はそれぞれ45、38、37度で、人間より高い)で溶けるため、脂肪が体内に蓄積されることはありません。脂肪部分が低温度で溶けるため、冷製料理でも美味しくいただけます。
韓国では、さらに毒をとく効果もあることが信じられています。
ミルクフィッシュ あじ ぶり いわし 牛肉 豚肉 鶏肉 鴨肉
データは科学技術資源調査会綱から

食材団(日本食品標準成分表)
会社概要鴨飼育場&加工工場鴨肉の栄養成分についての比較図表
花蓮の豊かな自然に恵まれる生産プロセス鴨製品紹介お問合せマインページへ


住所:宜蘭県の蘇澳鎮新しい栄路57 号
電話番号:886-3--9902626-8
メール:ger.chean@msa.hinet.net
住所:花蓮県玉里鎮三民里三民6-5号
電話番号:886-3-8842388
ファックス:886-3-8842207
このウェブサイトの一番いいブラウズの解像度は 1024*768
ウェブサイトの維持は作製します創意條碼網頁多媒體